静岡鉄道の分譲住宅全物件をご紹介します。
静岡鉄道の分譲住宅は、ご家族の理想をカタチにしたプランで、「安全・安心・快適」をお届けします。
静岡不動産は、優れた構造と性能で、永く住み継がれる住まいをご提案します。
静岡鉄道の分譲実績・施工実績をご紹介します。
実際に静鉄不動産で家をご購入されたお客様からいただいた感想をご紹介します。

安全・快適性能

安心の耐震性・耐久性

大規模な地震にも動じない静鉄ホームの木材住宅テクノロジー

ご家族が安心して永く住み継ぐことができる家であるために、より高いレベルの構造体を創りあげています。

地震に強い耐震性能

静岡鉄道の分譲住宅は、全て
耐震等級とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく
住宅性能表示制度の一部として、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている等級3の基準は、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊や崩壊などをしない程度を想定しています。
耐震等級とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく住宅性能表示制度の一部として、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです

6面体で支えるモノコック構造だから地震に強い!ツーバイフォー工法(枠組壁工法)を採用。

世界有数の地震国である日本において、住まいの「耐震性」は極めて重要な基本性能。日本でツーバイフォー工法の住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。
ツーバイフォー工法は、壁4面、床1面、天井1面の計6面で一つの空間を構成。
一般的な軸組工法では、基本構造となる柱や梁で支えるのに対し、各面が一体化されたパネルとなり、地震や台風などの外部からの力が加わっても、その力を分散します。また、耐震性に加え気密性・断熱性にも優れています。
ツーバイフォー工法
■ツーバイフォー工法と軸組工法の比較 概念図

ご存知ですか?ツーバイフォーの家は、たび重なる大地震でも全壊はゼロ。

たび重なる大地震でも全壊はゼロ。
阪神・淡路大震災レベルの地震でも倒壊を免れる耐震性能の実現する、ツーバイフォー工法。多くの木造軸組工法(在来工法)は主に外壁に耐震壁を設置するのに対し、ツーバイフォー工法は部屋毎の間仕切り自体が耐震壁となり、地震の揺れをバランスよく分散、吸収する「モノコック構造」のため、耐震設計上大変有利な構造となっています。また、激しい揺れに耐えるだけでなく、家具の転倒も少なく、地震により派生する2次被害を軽減することもできます。

耐火性に優れた木のすまい

工法自体が防耐火性に優れる、
ツーバイフォーならではの「ファイヤーストップ構造」。
ツーバイフォー工法は、火の通り道となる床や壁の構造材などがファイヤーストップ材となって、火が燃え広がるのをくい止める役割を果たします。内部構造自体が火の進行を遅くする「ファイヤーストップ構造」によって、初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。
石膏ボードを全面に貼りつめ、さらに耐火性をアップ。
ツーバイフォー工法は、全ての天井や壁の内側全面に厚さ12.5mm以上の石膏ボードが貼られるため、万一火災が発生しても、天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。
もらい火にも強いツーバイフォー住宅。
隣家で火災が発生した場合、外壁の表面温度は800℃以上にも達すると言われていますが、ツーバイフォー工法の住宅は持ち前の優れた耐火性で、類焼にも強さを発揮します。
ファイヤーストップ構造
■ファイヤーストップ構造 概念図
火災保険にも反映されています。
ツーバイフォー工法の住宅はその高い耐火性により、火災保険料率にも反映されています。火災保険料率の構造区分はA、B、C構造に分かれており、一般的な木造建築物は料率が最も高いC構造として扱われていますが、45分以上の耐火性能を有する「準耐火構造」であればB構造になります。
※詳しくは最寄りの損害保険会社へご確認ください。

永住の礎となる高耐久の技術

基礎構造を強化するベタ基礎・コーナーハンチ
床全面に打設されたコンクリート厚は150mm。建物の荷重をしっかりと面で支える構造で、従来の建物の荷重を線で支える布基礎に比べ、優れた耐震性と耐久性を発揮します。また、不均等荷重や地震時に負担が集中しやすい基礎のコーナー部分は、外力をバランス良く分散させ、地盤に力を逃がすハンチ形状とすることで、基礎構造の強度を高めています。
湿気とシロアリを防御する基礎パッキング工法
基礎と土台の間に、樹脂製の基礎パッキンを設けることで、通気孔からの自然な換気を促し、土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぐと共に建物の耐久性を向上させます。
防腐・防蟻効果が高い米ヒバ材の土台
高強度のベタ基礎に加え、土台は「米ヒバ」という木材を採用。
「米ヒバ」は、素材自体がカビやシロアリを寄せ付けない天然成分を多く含んでおり、防腐・防蟻効果が非常に高く、長期にわたり土台の高い強度を維持することができます。また、地面に近い主要な木材には防腐・防蟻処理を施し、二重三重の対策によって建物の耐久性を高めています。
米ヒバ木材
image photo
基礎パッキング工法
■基礎パッキング工法 概念図
全棟「10年の地盤保証」と「10年のシロアリ保証」付
静岡鉄道の分譲住宅は、地盤に不安があるエリアで住宅を建設する場合は、しっかりと地盤改良を行います。また、地盤改良工事の有無にかかわらず、全ての分譲住宅に「10年の地盤保証」と「10年のシロアリ保証」を付け、ご入居後の安心を提供しております。
「10年の地盤保証」と「5年のシロアリ保証」

オンリーワンのパネル工場でつくるツーバイフォー

静鉄ホームの分譲住宅は、グループ企業である片瀬建設のフレイミングセンターで、建物の床・壁・天井・屋根などの骨格にあたる木構造パネルを部位ごとに工場生産しています。ここは大量生産をする工場ではなく、各分譲地のオンリーワンプランに沿った構造パネルを一般基準を上回る片瀬建設の基準に沿って製作する工場。パネルはすべて工場で一貫製作されますので、現場作業を極力減らすことができ、高水準の品質を保つことができます。
片瀬建設のフレイミングセンター
グループ内に工場を構える大きなメリットは、営業・設計・工事担当者の声が技術検討会議などを通じて的確に届くため、お客様とご家族にとって安全な構造パネルをお届けできるということです。また、静岡鉄道の分譲住宅の構造パネル製作を、工場内で間近にご覧いただけるのも、グループ企業の工場ならではのことです。

地盤調査(スウェーデン式サウンディング法)

どんなに優れた基礎構造を持つ住まいであっても、地盤が不安定では意味をなしません。静鉄ホームでは、建設予定地の地盤を解析し、適切な地盤補強等の基礎計画をご提案致します。 さらに、地盤改良工事の有無に関係なく、全ての分譲住宅に10年間の地盤保証が付いています。
地盤調査

自社施工のすべての住宅に構造計算を実施

一般的な木造戸建て住宅(2階建て以下)は、建築確認申請時に構造計算の審査を簡略化することが認められていますが、静岡鉄道の分譲住宅では、全棟構造計算書を作成しています。
目に見えない構造の信頼性が可視化される

安心の耐震性・耐久性

安全・安心

大規模な地震にも動じない、信頼の耐震性と耐久性を備えた木造住宅を実現しています。
詳細を見る

省エネ性能・快適空間

ECO・快適

国が定める省エネルギー基準をクリアした、人に環境にやさしい次世代省エネルギー住宅。
詳細を見る

静鉄ホームは「長期優良住宅」

「長期優良住宅」認定

静岡鉄道の分譲住宅は、長期優良住宅の一戸建住宅に求められる7つの認定基準を満たしています。
詳細を見る
お問い合わせ
お気軽に下記よりお問い合わせ・資料請求ください。
EVENT
イベントに参加したい
見学会や感謝祭など、様々なイベントに
ご参加いただけます。
CATALOG
住まいの詳しい資料が欲しい
ご希望の分譲住宅や今後の予定物件などの
詳しい資料を差し上げます。
CONTACT
ちょっと相談したい
戸建住宅の購入をご検討の方は、
何でもお気軽にご相談ください。
LAND
土地探しについて教えて欲しい
お客様に合った土地情報を
検索できます。
フリーダイヤル
0120-662-876
スマートフォンの方は番号をタップして発信
来場予約はこちら

安全・安心|静岡の分譲住宅なら【静鉄ホーム】[営業エリア] 静岡市(葵区、駿河区、清水区)、島田市、藤枝市、焼津市