ホーム 販売物件 静鉄不動産の家づくり 分譲実績 アフターサポート ご購入スケジュール
電話 来場予約 資料請求・お問い合わせ メニュー
ホーム 販売物件 静鉄不動産の家づくり 分譲実績 アフターサポート ご購入スケジュール 物件概要

Technology

コンセプト
ロケーション・アクセス
建物間取りプラン
設備・仕様
品質・構造・サポート

日々の安全・安心を守るために、
見えない部分の堅牢さにもこだわりました。

ツーバイフォー工法(枠組壁工法)

ツーバイフォー工法は、6面体で支えるモノコック構造(面構造)。一般的な軸組工法では、基本構造となる柱や梁で支えるのに対し、各面が一体化されたパネルとなり、外部からの力が加わっても、その力を分散。耐震性に加え気密性・断熱性にも優れています。

エバースクエア
ツーバイフォー工法
(当社分譲住宅)

枠組みされた木部分と荷造用合板が「面」となって、揺れの力を受け止め、分散・吸収していることがわかります。

木造軸組工法

加えた力が柱や接合部などに集中。部分に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

耐震性

床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを建物全体で受け止め、力を分散。地震力が一部分に集中することがなく、地震に対して強さを発揮します。

耐震等級とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく住宅性能表示制度の一部として、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている等級3の基準は、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊や崩壊などをしない程度を想定しています。

耐火性

ツーバイフォー工法は、火災の延焼を防ぎ、構造材を火災から守る、石膏ボードを全面に貼りつめた「ファイヤーストップ構造」。初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

省令準耐火構造認定

静鉄不動産の分譲住宅は、住宅金融支援機構が定める省令準耐火基準をすべてクリア。住宅ローンなどの融資基準なども優遇され、火災保険でも大きなメリットがあります。

屋根・外壁や、内壁・天井などに、
所定の性能を持った建材を使用する。
ファイヤーストップ構造など、
延焼防止のための措置が取られている。

春夏秋冬、末永く心地よく暮らすための、
基本性能の高さと充実のアフターサービス。

高気密・高断熱

大壁構造の枠組材の間の断熱空気層に断熱材を充填。住宅の構造体自体を断熱化し、気密施工を施すことで、漏気による壁内結露などを防ぎ、優れた断熱性と気密性を発揮します。

高気密・高断熱を叶えるツーバイフォー住宅

気密性に優れ、断熱性能が高いツーバイフォー住宅。高断熱化が容易な構造形式は、高性能な部材やシステムを取り入れ、快適なくらしをサポートする温熱環境を生み出しています。

全邸で断熱等性能等級4(最高等級)を取得

静鉄不動産の分譲住宅は、天井・壁・床それぞれバランスのとれた高性能な断熱材ですっぽりと包んでいます。そのため冷暖房効率が高まり、省エネ・CO2削減にも取り組んだ快適な住まいとなります。

■ 高性能グラスウール(天井・壁)

高性能グラスウールは、より細いガラス繊維により、内包された空気の動きを抑制する効果が従来のものより高く、断熱性能も高まっています。

■ フェノールフォーム(床)

フェノールフォームは発泡系断熱材で、気泡が小さいほど輻射熱(赤外線)が跳ね返される回数が増えて、輻射による熱移動が少なくなり、熱が伝わりにくくなります。また、気泡が小さいと対流もほとんど起きず、更に熱が伝わりにくくなります。

保証期間・保守・メンテナンス

家の構造耐力上重要な部分と雨水の侵入を防止する部分は、品確法が義務付ける10年間の「瑕疵担保責任」に準拠。その間、ローテーションによる無料点検を行います。また、お引渡し後10年目に当社指定の有償メンテナンスを実施してくだされば、構造体は延長保証も可能です。

※1: お引渡し後10年目に当社指定の有償メンテナンスを実施した場合延長となります。
※2: 住宅の状態に応じて、有償メンテナンスを推奨しています。

コンセプト
ロケーション・アクセス
建物間取りプラン
設備・仕様
品質・構造・サポート

その他の物件情報はこちら

静鉄不動産の
家づくり
分譲実績
(宅地分譲・分譲住宅)
静鉄不動産の
アフターサポート
ご購入
スケジュール

静鉄不動産 分譲住宅[営業エリア] 静岡市(葵区、駿河区、清水区)