ホーム 販売物件 静鉄不動産の家づくり 分譲実績 アフターサポート ご購入スケジュール
電話 来場予約 資料請求・お問い合わせ メニュー
ホーム 販売物件 静鉄不動産の家づくり 分譲実績 アフターサポート ご購入スケジュール 物件概要

静鉄不動産の家づくり

静鉄不動産の分譲住宅“エバースクエア”は、永く住み継がれる住まいであるために、
家族目線のプランニングと将来を見据えた設備・仕様、確かな永住品質で、
地元静岡の皆様にご満足いただける、オリジナリティ溢れる住まいをご提案いたします。

QUALITY

安全・快適性能

静鉄不動産の分譲住宅では、第三者機関等が一棟一棟の品質を評価、
確かな性能は安心品質の証です。

「長期優良住宅」認定
全てに最高ランクを獲得

永く暮らせる住まい
「長期優良住宅」認定

今まで欧米に比べて極めて短いとされてきた日本における住宅の寿命や資産価値の向上を目指し、住宅の「量」の確保だけでなく、住宅及び居住環境の「質」の向上が求められ、定められた基準を満たした長期優良住宅は、所管行政庁(都道府県知事又は市町村長)が認定し、構造体の安全性・安心と共に、ローン減税やその他の税制優遇措置、ローンの優遇措置等のメリットがあります。

構造計算実施

一般的な木造戸建て住宅(2階建て以下)は、建築確認申請時に構造計算の審査を簡略化することが認められていますが、静鉄不動産では自社施工の全ての住宅に対し構造計算書を作成しています。

省令準耐火構造

ファイヤーストップ材等を使用することで、省令準耐火構造認定を実現。火災時の延焼抑制性能を高めると共に、火災保険料の負担を軽減します。

耐震等級

最高等級

数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊、崩壊等しない程度を表す耐震等級3(最高等級)を満たしています。

断熱等
性能等級

最高等級

家全体の断熱性を高めることにより、住宅の品質確保の促進等に関する法律での断熱等性能等級4(最高等級)を満たしています。

維持管理
対策等級

最高等級

構造躯体及び仕上材に影響を及ぼさずに、配管の点検、清掃、補修が行える、維持管理対策等級3(最高等級)を満たしています。

劣化
対策等級

最高等級

床下点検口を設置し、専用の給排水管及びガス管の維持管理を容易にすることに配慮し、劣化対策等級3(最高等級)を満たしています。

TECHNOLOGY

構造

静鉄不動産の分譲住宅では、優れた特性を持つツーバイフォー工法を採用。
見えない部分でも一邸一邸を丁寧に作り上げています。

ツーバイフォー工法
(枠組壁工法)

ツーバイフォー工法は、壁4面、床1面、天井1面の計6面で一つの空間を構成するモノコック構造(面構造)とし、一般的な軸組工法では、基本構造となる柱や梁で支えるのに対し、各面が一体化されたパネルとなり、地震や台風などの外部からの力が加わっても、その力を分散します。また、耐震性に加え気密性・断熱性にも優れています。

枠組みされた木部分と荷造用合板が「面」となって、揺れの力を受け止め、分散・吸収してにいることがわかります。

加えた力が柱や接合部などに集中。部分に負担がかかりやすい構造であることがわかります。

耐震性

床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを建物全体で受け止め、力を分散。地震力が一部分に集中することがなく、地震に対して強さを発揮します。

静鉄不動産の分譲住宅は、全て耐震等級3を実現

地震に負けない、安全・安心の家づくりを追求しています。

耐震等級とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づく住宅性能表示制度の一部として、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)に定められている等級3の基準は、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して、倒壊や崩壊などをしない程度を想定しています。

東日本大震災でのツーバイフォー住宅は、居住に支障なしが95%

東日本大震災後、震度6弱以上の地域全域で供給されたツーバイフォー住宅調査(対象数20,772戸)について被害程度のアンケート調査を行った結果、当面補修をしなくとも居住に支障のない住宅は95%(19,640戸)で、津波による被害を除けば、当面補修をしなくとも居住に支障のない住宅は98%となり、阪神淡路大震災や新潟県中越地震でも判明したツーバイフォー住宅の高い耐震性が今回も実証されました。

耐火性

ツーバイフォー工法は、火災の延焼を防ぎ、構造材を火災から守る、石膏ボードを全面に貼りつめた「ファイヤーストップ構造」。初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

木は火に強い !?

ツーバイフォーの家は、耐火性にも優れています。
火災時に木材自体は表面の炭化層によって燃え止り、強度の低下をくい止めます。ツーバイフォー住宅の場合、枠組材などが火の通り道となる床や壁のファイヤーストップ材となって上階への燃え広がりを防止します。こうしたツーバイフォーの優れた耐火性は数多くの実験によって裏付けられ、これまで発生した火災の事例などによって証明され、耐火建築物として認められています。

省令準耐火構造認定

静鉄不動産の分譲住宅は、住宅金融支援機構が定める省令準耐火基準をすべてクリア。住宅ローンなどの融資基準なども優遇され、火災保険でも大きなメリットがあります。
❶屋根・外壁や、内壁・天井などに、所定の性能を持った建材を使用する。
❷ファイヤーストップ構造など、延焼防止のための措置が取られている。

割安な火災保険料

省令準耐火建築物として高い耐火性能をもつツーバイフォー住宅は火災保険の適用がT構造(耐火構造)に認定され、木造軸組工法より割安に設定されています。また、地震保険も従来の「口構造」から「イ構造」に格上げされたので、保険料も安く抑えることができます。

高気密・高断熱

大壁構造の枠組材の間の断熱空気層に断熱材を充填。住宅の構造体自体を断熱化し、さらに気密施工を施すことで、漏気による壁内結露などを防ぎ、優れた断熱性と気密性を発揮します。

高気密・高断熱を叶えるツーバイフォー住宅

ツーバイフォー住宅は、気密性に優れ、断熱性能が高いことで知られています。ツーバイフォー構造が本来持っている高断熱化が容易な構造形式は、高性能な部材やシステムを取り入れ、快適なくらしをサポートする温熱環境を生み出しています。

全邸で断熱等性能等級4(最高等級)を取得

静鉄不動産の分譲住宅は、天井・壁・床それぞれバランスのとれた高性能な断熱材ですっぽりと包んでいます。そのため冷暖房効率が高まり、省エネ・CO2削減にも取り組んだ快適な住まいとなります。

■ 高性能グラスウール(天井・壁)

高性能グラスウールは、より細いガラス繊維により、内包された空気の動きを抑制する効果が従来のものより高く、断熱性能も高まっています。

■ フェノールフォーム(床)

フェノールフォームは発泡系断熱材で、気泡が小さいほど輻射熱(赤外線)が跳ね返される回数が増えて、輻射による熱移動が少なくなり、熱が伝わりにくくなります。また、気泡が小さいと対流もほとんど起きず、更に熱が伝わりにくくなります。

静鉄不動産の
家づくり
分譲実績
(宅地分譲・分譲住宅)
静鉄不動産の
アフターサポート
ご購入
スケジュール

静鉄不動産 分譲住宅[営業エリア] 静岡市(葵区、駿河区、清水区)